色の基本 ~3つの基本~

こんにちは。

Color Space PRISM 田鎖陽子です。

 

色の組み合わせにはルールがあります。

その方法を知り、自信を持って色を選び、組み合わせを楽しめるようになったら?

きっと今よりも自分を好きになる!

 

では、今日から4回に分けてお伝えしていきたいと思います。

まず、1回目の今日は、知っておいて頂きたい『色の基本』

 

①色には3つの属性(性質)がある。

1.色相…色みの違い。赤、黄、緑、青など。

2.明度…明るさの度合い。明るい(白)⇔暗い(黒)など。

 

3.彩度…鮮やかさの度合い。

強い(マゼンタ)⇔弱い(ベビーピンク)、

鮮やか(レモンイエロー)⇔くすんだ(梨の色)、など。

 

②明度と彩度の2つの要素を1つにまとめたとらえ方、トーン(色調)がある。

その色がどんな印象、イメージなのかを表したものです。

やわらかい、華やかな、深みのある、穏やかな、など。

12種類のトーンごとにいくつかのイメージを持っています。

受講生の声

パッと見た時の色の印象、と言えばわかりやすいでしょうか。

 

③色=色相+トーン

色を、色相(色み)とトーン(色調)の2つで色をとらえる。

例えば、『紺』は、色相は「青」、トーンが「暗い」色です。

こうすることで、色の組み合わせ(配色)が考えやすくなります。

 

まずは、色相(色み)とトーン(色調)という色のとらえかたを意識してみて下さい。

色を2つに分けてみる、ということになります。

 

基本を知ることで、色の扱いが簡単になりますよ。

 

最後まで読んで下さりありがとうございます

 

 

色の組み合わせにはルールがある

こんにちは。

Color Space PRISM 田鎖陽子です。

 

今、私が授業をしている学校の学生たちは検定試験に向けて勉強中です。

そんな学生達に、質問をしてみました。

 

Q.

色の知識を身に付けることで役に立つと思うことや実際に役立ったことは何ですか?

 

A.

・将来の仕事で、色の組み合わせを考える時に役立つ

・色の組み合わせがしやすくなる

・いろいろな組み合わせが出来るようになる

・色の組み合わせを考える時に、はっきりと決められるようになった

・部屋の模様替えに役立った

・コーディネートに、まとまりと幅が生まれるようになった

・色が好きになった

・今までよりも色を気にするようになり、普段の生活が楽しくなった

 

など他にもたくさんの答えが返ってきました。

 

予想はしていましたが、やはり。

ほとんどが、「色の組み合わせ」についての答えでした。

 

昔の私もそうでしたから、気持ちは良く分かります!!

感覚でしていた頃は、この色とこの色の組み合わせでいいのかな?どう合わせよう? と迷っていました。

 

でも、知識を身に付けたことで、出来るようになる、決められるようになった、と本人たちが感じています。

これは、色に自信を持てるようになったということですね。

確実に本人の成長に繋がっています。

それに、色が好きになったという声があったのは、私としては、とても嬉しいです。

 

 

色の組み合わせは難しい、色の組み合わせ方がよくわからない、そういう方は多いです。

 

でも、色の組み合わせにルールがあることを知り、その方法が分かると、

自信を持って色を選んだり、組み合わせたり出来るようになります。

 

今回の学生の声で、そのことを改めて実感しました。

そして、より多くの人にそのことを伝えたいと思いました。

 

色の組み合わせのルールを知り、

自信を持つことで、

自分自身にも自信を持つことができます。

そう思っています。

 

次回から、そのポイントをお伝えしていきたいと思います。

どうぞお楽しみに。

最後まで読んで下さりありがとうございます

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

集中したい時にオススメの色

こんにちは。

Color Space PRISM 田鎖陽子です。

 

暑い夏。

やるべきことがあって、頭ではわかっているのに、集中出来ない・・・そんな時もあるのではないでしょうか?

そんな時にオススメの色があります。

それは

青。水色でもO.Kです。

つまり、青系の色ということです。

さまざまな青系の色たち

 

青には、集中力を高めてくれる効果があります。

また、気持ちを落ち着かせてくれる色でもあります。

なので、仕事や勉強をする机の上に、青い筆立てやペンケースを置く、ペンなどの文房具を青にすると、青が視界に入るので、集中しやすくなります。

 

そして、もう一つ。

青の効果は、体感時間を短く感じさせること。60分が45分位に感じると言われています。

青を取り入れ体感時間が短く感じることで、集中して仕事や勉強に取り組めた感覚をより感じやすくなります。

 

集中できた時は、あっという間に時間が過ぎていますよね。

それは、頑張れた!思ったよりも進んだ!と感じることになり、充実感につながります。

充実感を感じると、次も頑張ろうとさらに意欲が湧いてきますので、良いサイクルが作れるのではないでしょうか?

 

ちなに私は、検定試験の勉強をしていた時に、シャープペンシル、消しゴム、ハサミ、ノリなどの文房具を青で統一しました。

それまでは青いものはあまり持っていなかったのですが、少しでも勉強に集中出来るようにと思ってのことでした。

 

合格したいと思っていても、仕事をしながら勉強するのはなかなか難しい。

今日は疲れたし、明日は早いし、まだ時間はあるし、と言い訳はいくらでも出てきます(苦笑)

でも、これで(青い文房具を見て)集中して勉強するぞ、と思い気持ちの切り替えをしていたのを思い出しました。

勉強を重ねて合格した時には、本当に嬉しかったです。

白馬の森~東山魁夷~

 

目標があっても、くじけそうになります。

弱い自分が顔を出します。

でも、そこで負けずに努力した経験は必ず自分にかえってきます。

あの時の頑張った自分を誇りに思い、今を生きていく。

その積み重ねで、自分に自信を持てるようになっていくのではないかなと思っています。

 

色は、知らぬ間に私たちの心に影響を与えています。

なので、その色がどんな影響を与える色なのかを知り、自分はどうしたいのかを意識して色を選ぶことが大事なのだと思います。

そうすることで、色は私たちに力を与えてくれる存在となります。

最後まで読んで下さりありがとうございます