色の組み合わせ方:基本編~色みから考える~

こんにちは。

Color Space PRISM 田鎖陽子です。

 

前回は、色の基本についてお伝えしました。

少しおさらいをすると、

①色には3つの属性(性質)がある。

②明度と彩度の2つの要素を1つにまとめたとらえ方、トーン(色調)がある。

③色=色相+トーン となります。

 

今回は、「色の組み合わせ方:基本編」です。

 

まず、」基本の考え方は2つあります。

1.色相(色み)を基準に考える

2.トーン(イメージ)を基準に考える

 

今回は色相(色み)を基準に考える方法についてお伝えしていきます。

この考え方は、使いたい色が決まっている場合です。

例えば、「青」を使いたい時に、青に何色をあわせるのか?と考える方法です。

 

そして、組み合わせの方向性は2つです。

①似ている色どうしの組み合わせ

統一感があるので、まとまった印象の組み合わせです。

例えば、「水色」と「紺」、「黄色」と「黄緑」などです。

 

 

②異なる色どうしの組み合わせ

変化があるので、メリハリの感じられる組み合わせです。

例えば、「黄色」と「紺」、「赤」と「緑」などです。

 

 

今回の「色の組み合わせ方」は、

1.色相(色み)を基準に考える、でした。

 

そして、組み合わせ方の方向性は、

①似ている色どうしの組み合わせ

②異なる色どうしの組み合わせ  です。

 

使いたい色が決まっている場合に、試してみて下さい。

 

次回は、2.トーン(イメージ)を基準に考える組み合わせ方についてお伝えします。

 

最後まで読んで下さりありがとうございます

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です