色名 (しきめい)とは、色の名前です

色名

こんにちは。

Color Space PRISM 田鎖陽子です。

 

色名 「しきめい」と読みます。

色の名前のことです。

 

それぞれの色には、名前がついています。

色を伝えるための、言葉を使う方法として使われてきました。

 

私たちが普段使っている「白」「黒」「赤」などは分かりやすいです。

基本色名といわれます。

 

他にも「うすい緑」や「くすんだ緑」といった色名も使います。

同じ緑でも、どんな緑なのかという、色の違いを伝えられます。

系統色名といわれます。

 

それから、「空色」「桜色」「栗色」「藍色」(和名)、「レモンイエロー」「セピア」(洋名)、物の名前などからとられた名前も、たくさんあります。

桜色と言われれば淡いピンクだと連想できますので、お互いにイメージを共有できますね。

慣用色名といわれます。

 

 

先日、カラーコーディネーター検定試験認定講師の更新講座が東京塗料会館で行われました。

 

その建物の壁は各階ごと、エリアごとに違う色が使われていました。

そして、壁の色の色名が添えられていたのです。

これはめったにない!

さすが塗料会館だわ!

一人でウキウキして写真を撮ってしまいました~(^^)

 

赤白つるばみ

あかしろつるばみ(赤白つるばみ)

 

青墨

あおずみ(青墨)

 

緑杉

ろくそう(緑衫)

 

鈍色

にびいろ(鈍色)

 

(写真なので、正確な色ではないことを了承ください)

 

 

日本にはさまざまな色の名前があることを知ると、色を見る楽しみが増えると思います。

 

最後まで読んで下さりありがとうございます