秋色を取り入れるには

秋色~2018~

9月になり、稲穂の黄金色が実りの季節を感じさせてくれます。

店頭にも秋色の洋服が並び始めています。

そろそろ秋色を取り入れたくなりますね。

 

秋色は、深みのある色です。

絵の具で考えてみると、黒をちょっと加えた色。

なので、深みが感じられる色、落ち着いた印象の色になるのです。

 

例えば、

マルーン(赤+黒):栗のような色

テラコッタ(オレンジ+黒):レンガのような色

マスタード(黄色+黒):練からしのような色

オリーブグリーン(緑+黒):オリーブの葉のような色

グレープ(紫+黒):熟したブドウのような色

ボルドー(赤紫+黒):赤ワインのような色

などが挙げられます。

 

秋になると「こっくりとした色」という表現を目にします。

自分の感覚で、秋の季節に見られるような深みのある色と捉えていましたが、調べてみました。

【色が地味に落ち着いていて上品なさま、深みのあるさま】         広辞苑より

 

やはり、秋の色でよさそうです。

 

秋色を身に付けたいけれど、いきなり秋物では…。

まだまだ日中は気温が高く暑い日もありますよね。

そんな時には、素材に注目しましょう。

 

今は「秋色夏素材」という名称で、色は秋色、素材は夏素材、の洋服が並んでいます。

最近は増えましたね。

シフォンなどの薄手の素材、綿や麻など清涼感のある素材を選んでみましょう。

 

1番最初に、パッと目に入ってくる印象は、「色」です。

なので、素材が夏向きでも、色が秋色であれば、「秋色の印象が第一印象」となります。

 

夏から秋へと変わっていくこの時期に、次の季節を感じさせてくれる秋色を取り入れる。

そんな自分を思い浮かべたら、なんだかウキウキしませんか?

色と素材を意識して、自分らしい装いを楽しみたいですね。

 

最後まで読んで下さりありがとうございます