色の組み合わせ方のルール~面積比について~

 

こんにちは。

Color Space PRISM 田鎖陽子です。

 

「色の組み合わせ方」をシリーズでお伝えしています。

 

前回までの「色の組み合わせ方」全体をおさらいすると、

1.色相(色み)を基準に考える。

2.トーン(イメージ)を基準に考える。

 

そして、組み合わせ方の方向性は、

①似ている色、または似ているトーンどうしの組み合わせ

②異なる色、または異なるトーンどうしの組み合わせ

となります。

 

 

今回は、「色の面積について」です。

バランスよく組み合わせるコツをお伝えしようと思います。

 

色を組み合わせる時に、面積のことを考えますか?

そこまで考えることは少ないかもしれません。

 

以前、ベージュのワンピースに黒のカーディガンを組み合わせていた知人が、何かしっくりこないと、私に言いました。

その方の雰囲気からすると、カーディガンの黒の面積が多く強すぎると、私は感じました。

そこで、着方をちょっと変えて、前から見えるカーディガンの面積を減らしました。

そうすると、雰囲気がぐっと良くなりました。

「これならイイ!ありがとう、さすが!」と、その知人は笑顔になっていました。

 

そう、色の面積によって雰囲気は変わるのです。

 

基本の考え方は、「70:25:5」 です。

 

全体を100として、面積の大きい色を約70%とします。

ベースと呼ばれ、この色でイメージの方向性が決まります。

洋服なら、ⒶスーツやⒷロング丈のトップスなどですね。

 

次に面積の大きい色は、アソートカラーと言い、約25%です。

ⒶシャツやⒷスカートなどがこれに当たります。

 

最後に、約5%と面積の少ない色がアクセントカラーです。

面積は少ないですが、最も目を引く色を使います。

ⒶネクタイやスカーフⒷネックレスなどです。

全体の仕上げの色といえますね。

 

Ⓐ:スーツ、シャツ、ネクタイやスカーフ

Ⓑ:ロング丈のトップス、スカート、ネックレス

それぞれのパターンでイメージしてみて下さい。

 

色のバランスが整っていると、全体のイメージも整って見えます。

簡単に覚えるには、「70:25:5」→「大・中・小」と置き換えてみて下さい。

 

続けていくことが必要ですが、色が難しいものではなくなります。

そして、自分の思うように扱えるようになっていきます。

そうなったら嬉しいと思いませんか?

 

最後まで読んで下さりありがとうございます

 

 

色の組み合わせ方:基本編~トーンから考える~

こんにちは。

Color Space PRISM 田鎖陽子です。

 

「色の組み合わせ方」をお伝えしています。

前回は、「色の組み合わせ方:基本編~色みから考える~」をお伝えしました。

 

おさらいをしましょう。

基本の考え方は、2つあり、

1.色相(色み)を基準に考える。

2.トーン(イメージ)を基準に考える、でした。

1の色相(色み)を基準に考える方法は、使いたい色が決まっている場合です。

 

今回は、2.トーン(イメージ)を基準に考える方法です。

このトーン(イメージ)を基準に考える方法は、

こんなイメージにしたいなと、イメージが決まっている場合の考え方です。

 

そして、組み合わせの方向性は2つです。

①似ているトーンどうしの組み合わせ

統一感が感じられます。

例えば、「女性らしい」イメージにしたい時。

薄いトーンと落ち着いたトーンから色を選ぶと、

優しい女性らしいイメージになります。

 

②異なるトーンどうしの組み合わせ

メリハリの感じられる組み合わせです。

例えば、「かっこいい」と「かわいい」など、

2つのイメージをミックスさせたい時。

暗めのトーンと明るめのトーンを組み合わせます。

 

この場合は、メインのイメージを決めて、そのイメージの色が多くなるように考えましょう。

そうすると、バランスがとれます。

 

 

「色の組み合わせ方:基本編」は、

1.色相(色み)を基準に考える。

2.トーン(イメージ)を基準に考える。

 

そして、組み合わせの方向性は、

①似ている色、または似ているトーンどうしの組み合わせ

②異なる色、または異なるトーンどうしの組み合わせ

となります。

 

いかがでしょうか。

色の組み合わせ方について、少し整理できましたか?

 

洋服でも、インテリアでも、基本の考え方は共通です。

知っていると、どうしようかなと迷った時に便利です。

 

次回は、「色の面積について」です。

バランスよく組み合わせるコツをお伝えしようと思います。

 

最後まで読んで下さりありがとうございます

色の組み合わせ方:基本編~色みから考える~

こんにちは。

Color Space PRISM 田鎖陽子です。

 

前回は、色の基本についてお伝えしました。

少しおさらいをすると、

①色には3つの属性(性質)がある。

②明度と彩度の2つの要素を1つにまとめたとらえ方、トーン(色調)がある。

③色=色相+トーン となります。

 

今回は、「色の組み合わせ方:基本編」です。

 

まず、」基本の考え方は2つあります。

1.色相(色み)を基準に考える

2.トーン(イメージ)を基準に考える

 

今回は色相(色み)を基準に考える方法についてお伝えしていきます。

この考え方は、使いたい色が決まっている場合です。

例えば、「青」を使いたい時に、青に何色をあわせるのか?と考える方法です。

 

そして、組み合わせの方向性は2つです。

①似ている色どうしの組み合わせ

統一感があるので、まとまった印象の組み合わせです。

例えば、「水色」と「紺」、「黄色」と「黄緑」などです。

 

 

②異なる色どうしの組み合わせ

変化があるので、メリハリの感じられる組み合わせです。

例えば、「黄色」と「紺」、「赤」と「緑」などです。

 

 

今回の「色の組み合わせ方」は、

1.色相(色み)を基準に考える、でした。

 

そして、組み合わせ方の方向性は、

①似ている色どうしの組み合わせ

②異なる色どうしの組み合わせ  です。

 

使いたい色が決まっている場合に、試してみて下さい。

 

次回は、2.トーン(イメージ)を基準に考える組み合わせ方についてお伝えします。

 

最後まで読んで下さりありがとうございます