楽しみに目を向ける

こんにちは。

Color Space PRISM  田鎖陽子です。

今日は梅雨の晴れ間で、気持ちよく晴れています。

 

ところで、梅雨と言えば雨ですが「雨の日」は嫌いですか?

好き、と答える人はあまりいないかもしれません。

出掛ける時、洋服は濡れるし、時には泥はねもするし…。

挙げたらどんどん出てきそう。

 

でも、子供の頃を振り返ってみると、私は雨の日が嫌いではありませんでした。

私の実家は農家です。雨の日は農作業が休みになります。

学校から帰ると、母が台所に居ておやつを作って待っていてくれました。

それが、とても嬉しかったのを今でも思い出します。

 

晴れの日は、母は近くの畑に居て声を掛けることが出来ましたし、おやつを一緒に食べることもありました。

でも、雨の日に感じた嬉しさは少し違った嬉しさだったのです。

 

「雨」という現象は誰にとっても同じです。

でも、そこから感じるもの、思い出すことは、人それぞれですね。

 

確かに嫌な面もありますが、発想を変えてみませんか?

何か、楽しいこと、ちょっと嬉しくなることを探してみる、なんてどうでしょうか?

 

例えば、見ごろを迎えた「紫陽花」を楽しむ。

スカッと晴れた太陽のまぶしい日よりも、シトシト雨の降る日にこそ美しいと感じませんか?

紫陽花らしさが生かされる時、美しさが際立つ時だと感じるのです。

 

紫陽花には、青・紫・赤紫などさまざまな色がありますね。

土壌のp.h(酸性度)によって花の色が変わります。

一般的に、青系は土が酸性、薄紫は中性、赤系はアルカリ性となります。

1つの株でも花の色が違うものがあるのは、根から送られてくる成分量に違いがあるからです。

独特の性質ですね。

 

部屋に飾るなら、ガラスの瓶などを利用してもいいですね。

紫陽花の涼やかな色とガラスの透明感。

家の中が明るく爽やかになりそう!

ということで、飾ってみました。

あじさい

あじさい

 

ちなみに、紫陽花を逆さまに吊るすと魔除けになり、幸福をもたらすという言い伝えがあります。

吊るす場所は、玄関でもリビングでも好きな所でいいそうです。

逆さまに吊るすなんて、面白そうじゃないですか?

 

何か自分が楽しめること、気持ちがウキウキすること、

小さなことでいいので、生活の中に取り入れていくこと。

それが、心にぬくもりを感じる毎日につながると、私は思います。

 

最後まで読んで下さりありがとうございます

2016年、感謝です。

こんにちは。

Color Space PRISM 田鎖陽子です。

2016年。

今年も、ステキな方々との出会いがありました。

お互いの気持ちに共感し、分かり合えたこともありました。

学んだことが身に付いたと感じた瞬間、

自分の良さに改めて気付いた瞬間、

自然に笑顔溢れる姿を目にするたびに、

私の心も喜びで踊る思いでした。

 

新しく気付いたこと、

理解を深めたこと、

想いを伝えたこと、

心から納得できたこと、

一歩を踏み出したことなど、

充実した時間を過ごすことが出来ました。

 

実り多き一年だったと感じています。

ご縁のあった皆様、本当にありがとうございます。

 

どうぞ良いお年をお迎えください。

 

赤は愛情の色

こんにちは。

Color Space PRISM 田鎖陽子です。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

先日見たTV番組のお話。

グアテマラで、子供たちに折り紙を教えているオットーさんという方が広島を訪れました。

原爆の子の像へは、今もたくさんの千羽鶴が捧げられているそうです。

オットーさんは、赤い折り鶴を捧げ、平和を祈られていました。

 

「赤は愛情の色だと思うんです。だから、赤い鶴を捧げました。」とおっしゃっていました。

とても心の温かい方だと感じながら見ていたのですが、

「赤は愛情の色」というのは、日本でもグアテマラでも共通なのだと思いました。

想いを色に込め、平和を願う心を折る行為に込めたオットーさんの赤い折り鶴。

 

いつの日か、世界平和が実現しますようにクローバー