目立たせる?目立たせない?~色のはたらき~

こんにちは。

Color Space PRISM  田鎖陽子です。

どこかに出かけたくなる季節になりましたね。

 

今回は、私たちの身近な所にある物の「色のはたらき」についてみていきます。

例えば、見慣れている「赤いポスト」。

どうして「赤い色」をしているのでしょうか?

「赤」は、人の目を引き付ける色、つまり目立つ色なので、遠くからでも見つけやすい色だからです。

 

初期のポストは木でつくられた「黒」のポストでした。

まだ街灯などが整備されていなかったため、「黒」では、夜間に見つけにくくなってしまいました。

そのため、「赤」に変わったそうです。

 

 

例外もあります。

こちらの「グレー」のポスト。目立ちませんね。

この辺り一帯はグレー系の色使いで統一されています。

その街の景観を守る、街全体の雰囲気を損なわないように選ばれた色です。

ちなみにこちらは、六本木ヒルズ近くに設置されているものです。

 

色の使い方はさまざまです。

目的に合わせた色が選ばれています。

ちょっと意識を向けてみると、身近なところで新しい発見があるかもしれません。

 

 

ちなみに、グレーのポストを「遠くからだと、ごみ箱と間違えそう」と言った学生がいました。

たしかに!

グレーのごみ箱って多いですね。

私たちは「その物らしい色」をちゃんと感じ取っているんですよね。

 

最後まで読んで下さりありがとうございます

色名 (しきめい)とは、色の名前です

色名

こんにちは。

Color Space PRISM 田鎖陽子です。

 

色名 「しきめい」と読みます。

色の名前のことです。

 

それぞれの色には、名前がついています。

色を伝えるための、言葉を使う方法として使われてきました。

 

私たちが普段使っている「白」「黒」「赤」などは分かりやすいです。

基本色名といわれます。

 

他にも「うすい緑」や「くすんだ緑」といった色名も使います。

同じ緑でも、どんな緑なのかという、色の違いを伝えられます。

系統色名といわれます。

 

それから、「空色」「桜色」「栗色」「藍色」(和名)、「レモンイエロー」「セピア」(洋名)、物の名前などからとられた名前も、たくさんあります。

桜色と言われれば淡いピンクだと連想できますので、お互いにイメージを共有できますね。

慣用色名といわれます。

 

 

先日、カラーコーディネーター検定試験認定講師の更新講座が東京塗料会館で行われました。

 

その建物の壁は各階ごと、エリアごとに違う色が使われていました。

そして、壁の色の色名が添えられていたのです。

これはめったにない!

さすが塗料会館だわ!

一人でウキウキして写真を撮ってしまいました~(^^)

 

赤白つるばみ

あかしろつるばみ(赤白つるばみ)

 

青墨

あおずみ(青墨)

 

緑杉

ろくそう(緑衫)

 

鈍色

にびいろ(鈍色)

 

(写真なので、正確な色ではないことを了承ください)

 

 

日本にはさまざまな色の名前があることを知ると、色を見る楽しみが増えると思います。

 

最後まで読んで下さりありがとうございます

 

色の組み合わせにはルールがある

こんにちは。

Color Space PRISM 田鎖陽子です。

 

今、私が授業をしている学校の学生たちは検定試験に向けて勉強中です。

そんな学生達に、質問をしてみました。

 

Q.

色の知識を身に付けることで役に立つと思うことや実際に役立ったことは何ですか?

 

A.

・将来の仕事で、色の組み合わせを考える時に役立つ

・色の組み合わせがしやすくなる

・いろいろな組み合わせが出来るようになる

・色の組み合わせを考える時に、はっきりと決められるようになった

・部屋の模様替えに役立った

・コーディネートに、まとまりと幅が生まれるようになった

・色が好きになった

・今までよりも色を気にするようになり、普段の生活が楽しくなった

 

など他にもたくさんの答えが返ってきました。

 

予想はしていましたが、やはり。

ほとんどが、「色の組み合わせ」についての答えでした。

 

昔の私もそうでしたから、気持ちは良く分かります!!

感覚でしていた頃は、この色とこの色の組み合わせでいいのかな?どう合わせよう? と迷っていました。

 

でも、知識を身に付けたことで、出来るようになる、決められるようになった、と本人たちが感じています。

これは、色に自信を持てるようになったということですね。

確実に本人の成長に繋がっています。

それに、色が好きになったという声があったのは、私としては、とても嬉しいです。

 

 

色の組み合わせは難しい、色の組み合わせ方がよくわからない、そういう方は多いです。

 

でも、色の組み合わせにルールがあることを知り、その方法が分かると、

自信を持って色を選んだり、組み合わせたり出来るようになります。

 

今回の学生の声で、そのことを改めて実感しました。

そして、より多くの人にそのことを伝えたいと思いました。

 

色の組み合わせのルールを知り、

自信を持つことで、

自分自身にも自信を持つことができます。

そう思っています。

 

次回から、そのポイントをお伝えしていきたいと思います。

どうぞお楽しみに。

最後まで読んで下さりありがとうございます