目立たせる?目立たせない?~色のはたらき~

こんにちは。

Color Space PRISM  田鎖陽子です。

どこかに出かけたくなる季節になりましたね。

 

今回は、私たちの身近な所にある物の「色のはたらき」についてみていきます。

例えば、見慣れている「赤いポスト」。

どうして「赤い色」をしているのでしょうか?

「赤」は、人の目を引き付ける色、つまり目立つ色なので、遠くからでも見つけやすい色だからです。

 

初期のポストは木でつくられた「黒」のポストでした。

まだ街灯などが整備されていなかったため、「黒」では、夜間に見つけにくくなってしまいました。

そのため、「赤」に変わったそうです。

 

 

例外もあります。

こちらの「グレー」のポスト。目立ちませんね。

この辺り一帯はグレー系の色使いで統一されています。

その街の景観を守る、街全体の雰囲気を損なわないように選ばれた色です。

ちなみにこちらは、六本木ヒルズ近くに設置されているものです。

 

色の使い方はさまざまです。

目的に合わせた色が選ばれています。

ちょっと意識を向けてみると、身近なところで新しい発見があるかもしれません。

 

 

ちなみに、グレーのポストを「遠くからだと、ごみ箱と間違えそう」と言った学生がいました。

たしかに!

グレーのごみ箱って多いですね。

私たちは「その物らしい色」をちゃんと感じ取っているんですよね。

 

最後まで読んで下さりありがとうございます